司会

一歩進めました!

先週土曜日は、滋賀で「MAIDO-international 12期卒業プレゼン大会」の司会をさせていただきました。

(MAIDO-internationalとは、「大学」を通して、人としての在り方、ビジネスのやり方を学べる経営者向けの塾です。
私は11期で学びました。)

 

台風が近付くなか懇親会会場の船:ミシガンが出港できるか心配しましたが、無事出港でき、サプライズの打ち上げ花火もあげることができました!
みんなに楽しかったと言ってもらえて、本当に嬉しかった〜!
司会も、たくさんの方が褒めてくれて心からホッとしました😌

 

私をプロの司会者と知っていた人は、プロなんだからスムーズに進行できて当たり前だよね、と思われたと思います。
でも、マイクで第一声を発することが怖くて怖くて仕方がない時期もありました。。。
自分の司会に、というより、自分自身に自信が持てなかったんです。

 

自信が持てるようになったのは、つい最近(1ヶ月半くらい前かな?)だったりします。
それまでは、ずっと自信が持てず苦しんでいました。
まあまあ長い間、辛かったなー(笑)
(この辺のお話は、また改めて書こうと思います。)

 

会を司(つかさど)ると書いて「司会」。
イベントの雰囲気は、司会で決まります。
だから、当日に向けての準備はかなりしています。

 

進行台本が無い場合は、台本も作ります。
参加者が受付を済ませてからの動き、主役である12期の人達が発表しやすい雰囲気作り、講演してくれる方が気持ち良く舞台に上がれるようになど、考えられることすべてをシミュレーションしながらコメントを考えます。

 

今回は、タイムテーブルを作るところから始まり、講演してくれる方のプロフィール作成、ミシガンが出港できない場合も想定しながら台本を作りました。
そして、姿見の前で練習。
ひとり妄想プレゼン大会を、何度開催したか分かりません(笑)

 

なかには、練習なしでできる人もいるかもしれません。
でも、私が知る限り、どんなベテランの司会者さんでも練習されています。
準備が8割、当日2割という人もいれば、準備が9割という人もいます。

 

それだけ準備をしても、イベントはライブなので当日何が起こるか分かりません。
だからこそ、しっかり準備しておけばメンタル面での安心にもつながります。

 

今回は、自分に自信が持てるようになって初の司会でした。
いろいろ思うところがあって、正直、このプレゼン大会や11期に関わるのはやめようかと悩んだこともありました。

 

でも、残りひとつだった司会の枠に立候補して本当に良かったです。
あまり時間もなく大変でしたが、こんなに楽しく熱中して司会に取り組めたことって今までなかったような気がします。

 

見えないところで動いてくれる人がいてこその司会。運営側の11期のみんなには、ものすごく助けられました。
司会で相方をしてくれた人は笑わせるセンス抜群で、もうすっかり頼ってしまいました!
基本、自由な人達なのですが(笑)、当日に向けてのまとまりはすごかったです!

 

そして、MAIDOの先輩方、素晴らしいプレゼンを見せてくれた12期のみなさん、JOYWOWのお二人、大津館のスタッフさん、ミシガンのスタッフさん。。。
たくさんの方々が支えてくれたおかげで、無事に終えることができました。
本当にありがとうございました✨

 

最後に、「この司会できるの、ゆうちゃんしかいないんじゃない?やったら?」と、悩む私の背中を押してくれた夫。
その言葉のおかげでこんな素晴らしい経験ができ、また一歩進めました。
本当にありがとう❣️